連帯保証人・保証会社とは。両方必要な場合もあるよ

賃貸住宅を探していると、連帯保証人や保証会社という言葉を聞くことがあると思います。
連帯保証人って言葉はよく聞くけど、実はよく分からない。
どんなことを保証する必要があるの?
保証会社って何?審査に通らないこともあるの?
保証会社に加入した上にさらに連帯保証人も付ける必要があるって言われたけど、なぜ?

そんな疑問にお答えします。

連帯保証人とは

簡単に言うと契約者が滞納したら代わりに支払う義務のある人です。

保証人と連帯保証人の違い

「保証人」と「連帯保証人」は違います。「連帯」と付くと普通の保証人より責任が重くなります。
賃貸契約で、もし契約者が家賃を滞納した場合、「連帯」がついていない普通の保証人の場合は、「まずは契約者に督促してくれ」と言えます。
「連帯保証人」の場合は、契約者が滞納した場合連帯して責任を負うため、「まずは契約者に督促を」と言えません。
もし契約者が払わない家賃があって、大家さんに「連帯保証人が代わりに払ってくれ」と言われたらすぐに支払う必要があります。

連帯保証人になれる人は

大家さんや管理会社によって違いはありますが、原則として
・2~3親等までの親族
・収入があり、万が一契約者が支払い能力が無くなった時に立て替えて支払うことができる人

という物件が多いですね。年金生活している人でも大丈夫の場合もあります。

保証会社との違い

支払うべき費用を支払わない時に代わりに支払いをする、という点では同じですが、連帯保証人の場合は「保証料」がかかりません。

また、入居者の生活の仕方が悪く(騒音やゴミ放置など)本人に管理会社から注意しても効果が無かった場合に、連帯保証人からも直接注意してもうらうように依頼することもあります。

保証会社とは

契約者が滞納したときに代わりに家賃を大家に支払います。督促や追い出し業務まで請け負う会社が多いです。

信販系の保証会社と独立系の保証会社

保証会社には大きく分けて「信販系」と「独立系」があります。

信販系の保証会社はクレジットカードを発行している会社で、

  • オリコ
  • ジャックス
  • アプラス
  • セゾン

等、他にも多数あります。

独立系の保証会社はもともとは消費者金融をやっていた会社などが多いです。

  • JID
  • 日本セーフティー
  • (株)ジェイリース
  • カーサ

等、こちらも他にも多数あります。

5年~7年以内にクレジットカードで滞納や、消費者金融関係での自己破産や任意整理などをしていると、信販系の保証会社の審査は通らなくなります。(CICという情報機関に集約されており、信販会社はその情報を確認します。)

※CICの情報は個人でも有料で確認することができます。

その場合は独立系の保証会社を利用するか、連帯保証人での契約をする方が良いでしょう。最初の段階で不動産会社に

「信販系の保証会社は通らない可能性があるので、連帯保証人か独立系の保証会社が利用できる物件を探している」

と伝えておくと、スムーズにお部屋探しができるかもしれませんね。

保証料は

初期費用として家賃総額の30%~60%のところが多く、高級賃貸だと100%というところもあります。信販系だと初期費用は0円というところもあります。

月額もかなり差がありますが、0円だったり700円(税別)みたいなところや、家賃総額の2%というところもあります。

更新時も家賃総額の30%~60%というところや10,000円ポッキリって会社もあります。

全体を見比べると、信販系の保証会社の方が安いところが多いですね。

保証会社によって様々なので、しっかりと確認してから契約しましょう。

保証会社必須の物件も増えている

いくら連帯保証人にも滞納家賃の支払いの義務があっても、そう簡単に支払ってくれるとは限りません。
大家さんからしたら「住んでるんだから支払ってよ!」ってことなんですが、滞納したまま住み続けて、連帯保証人も全く対応してくれないような悪い輩も存在します。
そのまま滞納し続けて、裁判までやって追い出しても、結局滞納家賃もほとんど戻ってこず泣き寝入り。そんなことも結構あるんです。
保証会社に加入してもらえばそのリスクをゼロにできます。
そんなこんなで最近は保証会社必須!という物件が増えてきました。

保証会社に加入してさらに連帯保証人も必要な場合もある

最近では保証会社加入必須、さらに連帯保証人も必須という物件もあります。

どちらか片方だけでもいいじゃん!って思うかもしれませんが、それぞれにメリット・デメリットがあるため、併用してデメリットを無くすようにしているんです。

大家さん側からしてみると、連帯保証人のみで契約した場合、滞納したときにしっかりと払ってくれるか不安があるし、督促などのあまりやりたくない仕事をしないといけないリスクが増えます。

逆に保証会社をつけて連帯保証人をつけない契約だと、家賃滞納に関しては保証されるのですが、騒音問題などで契約者に注意しても改善しない場合に連帯保証人から契約者に注意してもらうなど、連帯保証人に一緒に対処してもらうことができません。金銭以外の責任に対しては保証会社は対応してくれません。

そういった理由から、金銭面とそれ以外の部分について両方しっかりと保証してもらえる「保証会社加入必須」+「連帯保証人」という物件が出てくるのです。

連帯保証人も保証会社も必要ない物件もある

部屋探しをしていて連帯保証人も保証会社も不要という物件も出てくるかもしれません。

例えば大和リビングさんが管理している物件の多くは連帯保証人も保証会社もいらない「連帯保証不要制度」というものを適用しています。

もちろん審査はありますので、誰でも入れるって訳ではありませんし、大和リビングさんの物件は設備が充実していて人気物件も多く、家賃もそれなりに高いところも多いです。※そして滞納に対しての動きはとても早く、長期滞納者は事務的に法的に追い出します。

ただ連帯保証人を頼む時は、契約書に実印で捺印してもらう必要があったり、印鑑証明書を準備してもらったりと結構な気苦労もありますし、保証会社を利用するとその分費用がかかったりするので、「連帯保証不要制度」みないな物件が増えてきたらお部屋探しをする人にとっては期間短縮や費用の軽減ができて良いですね。

実際、海外では賃貸契約で保証人を必要とすることは少ないようで、アメリカでは賃貸契約で保証人が必要になることは基本的にはないです。

最後に

今回は連帯保証人や保証会社について説明しました。

連帯保証人必須や保証会社必須という物件で「つけたくない」というのは通用しません。

連帯保証人になってくれる人がいないのであれば保証会社で契約できる物件を探すか、どっちも不要という物件を探すかの2択になります。

逆に保証会社必須の物件でとにかく審査に落ちてしまう、という場合は連帯保証人だけで契約できる物件を探すことになります。

連帯保証人や保証会社は、契約者が支払うべき費用を支払わなかった時に立て替える、というのが一番重要な役目です。

入居後にそれらを利用しなければならなくなる人は一握りではありますが、そんなことにならないようにしましょうね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です