敷金、礼金とは?敷金、礼金無しの物件はお得?解説するよ

お部屋探しをしていると、「敷金」「礼金」って言葉を目にすると思います。敷金2ヶ月礼金1ヶ月だとか、敷金礼金ゼロだとか。

敷金礼金ゼロって言われるとなんかすごくお得な気がするけど、実際どうなんだろ?

そもそも敷金、礼金って何のために支払うお金なのよ!って方に分かりやすく説明します。

敷金とは

契約時に大家さんに預けるお金です。解約時に返ってくるお金です。

ただ実際には入居者の故意・過失によって物件内に破損や汚損があったら、それを直すための費用とハウスクリーニング代金が敷金から差し引かれて、残りが戻ってきます。

中部~関西以西エリアだと「保証金」という名目になっていることもあります。

礼金とは

契約時に大家さんに対して「貸してくれてありがとう」というお礼として支払うお金です。解約時に返ってきません。

礼金は昔、住宅が少なかった時代に生まれた慣習です。こんなに住宅が少ないのに、部屋を貸してくれてありがとうってことですね。

しかし現在に至っては、賃貸住宅は余るほどあります。にも関わらず礼金の慣習だけが残っています。

さらに裏話をすると、この礼金がそのまま「大家から不動産会社への謝礼」として支払われる場合もあるのです。なんか納得いかないですね・・・。

首都圏にはまだまだ礼金がある物件が多いです。

地方でも人気のエリアや新築物件だと礼金が必要な物件もたくさんあります。

一切戻ってこないので礼金は無い方がいいですね。

敷金・礼金ゼロ物件のメリットと注意点

メリット

契約時の初期費用を抑えられる。

礼金がゼロになっている物件は礼金がある物件より確実に得。

デメリット

結局、退去時に多くの費用が発生することがある。

家賃を高めに設定してある場合がある。

注意点

敷金・礼金なしの物件でも、よく見てみると「定額クリーニング費」とか、「退去負担金」とか「退去修繕費」とか違う名目で費用が発生することがあります。

参考記事:大東建託の定額クリーニング費とは何か説明するよ!

基本的に敷金以外の「定額クリーニング費」「退去負担金」「退去修繕費」というお金は退去時に返ってこないです。

7万円の家賃の物件で敷金はないけど退去負担金が10万円という物件もあったりして、そういう物件だと、その退去負担金の10万円は戻ってこないです。

あなたがその物件に入居したとしてすごくきれいに使用して、退去するときに何も補修する必要がなかったとしても、退去負担金の10万円は返ってきません。

だったら敷金2か月で14万円支払っておいてハウスクリーニング費用3万円ほど差し引かれても11万円戻ってくるって契約の方がお得だったりします。

ですので敷金礼金ゼロの物件も他の名目で費用がかからないか確認が必要です。何のことか分からない名目に関しては、不動産会社に必ず確認してください。

また、敷金がゼロで、定額クリーニング費が4万円みたいな物件ならお得に感じるかもしれませんが、基本的に退去時に故意・過失の破損・汚損部分を請求されます。

さらに敷金・礼金ゼロ、ほかの名目でも費用は掛からず、「退去時実費精算」という物件もあります。

そういった物件の場合は契約時の初期費用はかなり安くできますが、退去時に原状回復費用を実費で払ってねっていう契約です。

結局のところ、先に払うか後に払うかということで、どちらが良いかは一概には言えないのです。

敷金・礼金なし物件が増えている理由

やっぱり敷金・礼金ゼロ!って宣伝した方が、反響が増えるんです。初期費用が少しでも安い方が入居しやすいですからね。

また、大家さんとしても管理会社としても長期空室になるよりは、礼金ゼロにしてでも早く入ってもらった方が得だと思っているので、最近は礼金をもらわないって物件の割合が増えてきました。

最後に

礼金に関しては、一切戻ってこないので、無い方が良いです。

敷金はあってもなくても長い目でみると結局はそんなに変わらないことがほとんど。

敷金・礼金以外のよく分からない名目のことは不動産会社に分かるまでしっかりと確認してください。(いつ支払う費用なのか、何のために支払う費用なのか、戻ってくる費用なのか・・・)

曖昧なままにして契約してしまうと退去時にトラブルになってしまうこともあるので、不明点は無いように、明確にしてから契約するということを肝に銘じて不動産会社と話をしましょう。

分からない事や、分からない言葉があるのは当たり前です!臆さずにどんどん不動産会社に聞いてくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です