賃貸物件の「騒音」問題。隣人がうるさい時に解決する方法とは

管理会社で働いていて受けるクレームとしてすごく多いのは騒音問題です。

管理会社としては日常的なことですが、入居者からしてみれば大問題です。

せっかく理想的な部屋が見つかって引越しも完了し、新生活をスタートした矢先に「騒音」に悩まされる・・・。

出来る限り早く解決したい。

そんな方のために解決方法をまとめました。

騒音問題の具体例

一口に騒音問題と言っても様々な内容があります。

今まで相談を受けた中で特に多いものをリストアップしました。

  • 子供の足音や騒ぎ声がうるさい
  • かかとで歩くような音が聞こえる
  • 深夜の宴会がうるさい
  • 椅子などの家具を引きずる音や、扉の開け閉めの音がうるさい
  • テレビや音響機器の重低音が響いてくる
  • 楽器の演奏音が聞こえる(しかも下手)
  • 機械的に継続的な音が続き気になる
  • カップルや夫婦喧嘩、子供を叱る声がうるさい

こんな感じです。

皆さんが悩まされている騒音もこの中に含まれているのではないでしょうか?

夜中突撃訪問や壁ドンなどの強硬手段はダメ

夜中に騒ぎまくる隣人にもう我慢の限界だ!と思っても、夜中に突然訪問するのはやめときましょう。

更なるトラブルに巻き込まれる可能性があります。

夜中に隣人のことを気にせずに騒ぐような人の家に突撃すると、口論になってしまい、第三者から警察を呼ばれるなんて事もあります。

他にも女性宅に夜中にチャイム連打して警察を呼ばれるなど。

いくら相手が常識のない人だったとしても、夜中に突撃訪問はしてはいけません。

よしよし、そうか。突撃訪問はやめとこう。

じゃあ壁ドンアタックじゃい!とりゃー!

ってのもやめて下さい。

騒音に対して騒音で対抗するっていうのは、相手と同じレベルに落ちていく行為です。

それでは「目には目を、歯には歯を」のハンムラビ法典と同じです。

結局更なるトラブルに突入してしまう可能性が増えますので、怒りに任せた行動は控えましょう。

管理会社や大家さんへの相談の仕方

相談する時は一刻も早く騒音から解放されたいって思っているはずです。

ですがそういう時こそ、冷静に。

感情的になって怒りに任せて管理会社に相談しても、騒音の原因や内容が特定できずに解決までに余計な時間がかかってしまう場合があります。

管理会社や大家さんは実際の騒音を聞けません。

あなたの伝える情報が全てです。

悪い相談例:「たぶん上の階の人なんですけど、いつも夜になっても子供が騒いでるんです!しつけがなってないんですよね!管理会社からも注意して下さい!」

こういう内容で相談されると、不明点が多く、具体的な注意をしにくいです。

いつも、というのはどのぐらいの頻度なのか。

夜、というのは具体的に何時ぐらいの事なのか。

子供が騒ぐというのは、大声を出しているのか、走り回る音なのか、その両方なのか。

そのあたりが明確になってくると管理会社としては注意の仕方の方向性を決めやすいので、結果として早めの解決がしやすくなります。

ポイント!管理会社や大家さんに相談する時は、

  • 騒音のあった日時
  • 騒音の頻度
  • 騒音のあっただいだいの場所(LDKの天井・北の洋間の西側等)
  • 騒音の種類(録音しておくと尚良い)

を分かる範囲で明確にして、出来ればメールや紙に書いて渡しましょう。

そうする事で管理会社としてま解決のために動きやすくなります。

ちなみに、夜中に尋常じゃない騒ぎ方で宴会をしているお隣さんがいた場合は、警察を呼びましょう。

「◯◯アパートの◯◯号室に住んでいるものですが、隣の〇〇号室から尋常じゃない奇声が聞こえてきます。見に行ってくれませんか?」

こんな感じでOKです。根掘り葉堀り聞かれる可能性もありますが、奇声をあげていて怖いという旨を伝えると警察が動いてくれます。

警察が動いてくれるとかなり効果高いです。

・注意事項

相談をする側からしたら、できれば自分が苦情を入れたことを相手側に伝わらないようにしたい、というのが一般的です。

管理会社としては騒音の出元を特定する時や、注意をする時には相談元が分からないよう、できる限りの配慮します。

特定の部屋だけではなく、全戸に注意文を投函したり、ご連絡をする時もあなたがそうですよね?という話し方はしません。

しかし、例えば201号室(角部屋)の方が苦情を受けたとすると、

「下の階の101号室か、隣の202号室か、どちらかが苦情を入れたんだな」

と思うのが一般的です。

つまり、管理会社や大家さんに相談する場合でも、

・自分が苦情を入れたことが相手に気づかれる可能性がある

ということは覚悟する必要があります。

最後に

賃貸住宅では、騒音トラブルが絶対にない物件を探すのは難しいです。

両隣も上の階も下の階も、壁や床一つの隔たりで赤の他人が居住しているのです。

まず最初は「お互い様」という気持ちをもって過ごし、本当に我慢ができない騒音や相手側の配慮が全く感じられないような時に管理会社や大家さんに相談するようにしましょう。

ポイントはあくまで冷静に

  • 騒音のあった日時
  • 騒音の頻度
  • 騒音のあっただいだいの場所(LDKの天井・北の洋間の西側等)
  • 騒音の種類(録音しておくと尚良い)

を伝える。

深夜の大騒ぎは

・警察を呼ぶ

以上です!

あなたの楽しい賃貸ライフを願っています!

関連記事:騒音トラブルを回避するための部屋探しのコツ6つを現役不動産屋が教えるよ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です