同棲・新婚カップルの部屋探しで多いケンカ3つと回避方法

不動産屋で賃貸仲介の仕事をしていると、同棲したいカップルや結婚予定のカップルの対応をすることが多くあります。

部屋探し・内見・契約・鍵渡しまで、仲良く完了するカップルの方が多いですが、中には途中で大喧嘩になり、やっぱり同棲やめる!とか結婚見直す!とかいうカップルまでいます。

そして僕も何度も巻き込まれています。

今回は、どんな内容のケンカが多いのか、そしてそれを回避する方法をご説明します!

1.条件の優先順位が違ってケンカ

男「俺は家賃は70,000円以内で、2LDK。あと鉄筋コンクリート造の最上階がいいな。駅までは徒歩10分以内希望。」

女「私は新築物件がいいなぁ。きれいだし、お風呂とかすごい広いのがあるの!新築の物件ならアパートとかでもいいな。コンクリートの建物じゃなくてもいいかな!駅は遠いよりは近いほうがいいね!」

男「いやでも新築じゃ家賃高いでしょ。あと木造とか鉄骨造のアパートだと隣とか上の階の音が気になるじゃん。だから鉄筋コンクリートの最上階がいいんだって」

女「新築なら最新の大きいお風呂とか洗面台とかついてるよ!それに多少音が聞こえるのはお互い様だし、気にしなければいいじゃん!」

男「いやでも新築だと家賃が・・・・」

・・・・

・・・

・・

はい。二人の希望条件がバラバラですね。

二人とも希望条件を言い合って、お互いに譲らない。

全ての条件に見合う物件もないし、なかなか話がまとまりません。

そんな時の解決方法は

【MUST条件(絶対に譲れない条件)とWANT条件(できれば望む条件)にリストアップ】

することです。

今回の場合だと男性側が言っているのは

①家賃70,000円以内

②2LDK

③鉄筋コンクリート造

④最上階

⑤駅まで徒歩10分以内

女性側が言っているのは

⑥新築

⑦お風呂が広い

⑧駅が近い

こんな感じですが、それぞれが本当に譲れない条件か二人で検討しましょう。

二人でしっかりと話し合ってみると実は絶対に譲れないMUST条件

③鉄筋コンクリート造

⑤駅まで徒歩10分以内

⑦お風呂が広い

の3点だけで、他の条件はWANT条件だったりします。

その場合は不動産屋に、

絶対外せない条件は

  1. 鉄筋コンクリート造
  2. 駅まで徒歩10分以内
  3. お風呂が広い

の3点で、

できれば望む条件は

  1. 家賃70,000円以内
  2. 2LDK
  3. 最上階
  4. 新築

こんな感じで伝えて、物件を提案してもらいましょう。

MUST条件が多すぎて物件がない場合は二人で再度相談して、MUST条件の一つをWANT条件に移しましょう。

ちなみに二人のMUST条件が対立することもあるかもしれません。

例えば男性側が1Fの部屋ということが絶対で、女性側は2F以上が絶対。

こうなると物件は絶対に見つかりませんので、どちらかが折れるしかありません。

ちゃんと話し合いをしましょう。

どちらも折れず、少しの譲歩もできない!という場合は

同棲・結婚を諦めましょう。

同棲にしても結婚にしても、今後長く一緒に生活するのです。相手のことを理解し思いやる気持ちが必須ですので、そこでお互いに1歩も譲らないとなると、どっちにしてもいずれ共同生活は破綻します。

2.費用の支払いをどうするかケンカ

同棲カップルに多いトラブルです。

賃貸住宅を借りるとき、

・敷金や仲介手数料などの初期費用

・月々の家賃の支払い

・電気ガス水道などのライフライン料金

など様々な費用が掛かってきます。

それぞれの費用をどちらがいくら払うのかということを曖昧にしたまま進めると危険です。

お金の話はとても大切です。

実際にあった事例で、契約金の支払いを男性は二人で折半しようと考えていたのに、女性側は支払うつもりがなかったなんてこともありました。

女性側が

「そんなにお金払えない」

と言って、結局同棲をやめるということになりました。

家賃や電気代なども同じです。

部屋を決める前に、どちらがどれだけ費用を負担するのか、しっかりと話し合いましょう。

3.一人で勝手に決めてケンカ

二人で暮らす部屋探しで、一人で不動産屋に行き内見し申込までする人。

たまにいます。

それでうまくいくカップルも多いんですけどね。

どちらかがリーダーシップを持っていて、片方はそんなに意見しないカップルなら問題ないんです。

お互いに意見が強くこだわり派なのに、一人でどんどん進めると、結局後でケンカになります。

二人ともこだわりが強いという自覚があるカップルは、必ず二人で内見に行きましょう。

もしスケジュールが合わなくて二人で見に行けなくても、一人だけで見て申込はせず、それぞれ違う日でも良いので内見して、話し合いをしてから決定してください。

最後に

  1. MUST条件(絶対に譲れない条件)とWANT条件(できれば望む条件)にリストアップ
  2. 支払う費用の負担を決める
  3. 二人で内見する

この3つを守ってお部屋探しをするようにしましょう。

しかし、一番大切なのは【相手を思いやること】と【しっかり話し合うこと】です。

ケンカするカップルは、二人とも自分優先になってしまい、相手の意見を受け入れることが出来なくなってしまいます。

そして待っているのは別れです。

まぁ、そういうカップルは早かれ遅かれ別れる運命だったんだと思いますけど!

そもそもね!二人でいられることが幸せなんだろ!って話です。

一番の目的は二人の時間を増やすとか、より良い関係を築くためなんでしょ!

二人がハッピーならどんな物件でもきっとハッピーになれますよ!

ワクワク、ご機嫌な部屋探しをしてくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です