ローソンの【悪魔のおにぎり】は美味いのか。食べてみた。

ローソンで発売している話題のおにぎり、【悪魔のおにぎり】を手に入れた。

税込みで110円。企画系のおにぎりにしてはかなり安い。

このおにぎり、2018年10月16日に発売し、売れに売れまくって、20年以上販売数首位を譲らなかったシーチキンマヨ(ツナマヨ)を1週間以上も抜いたという伝説を作ったのだ。

原材料が不足して、店舗への納品数が少なくなり、なかなか手に入らない状態になっていたほど。

こいつが。

あくまでタヌキくん。

タヌキか?

見た感じ、尻尾もシマシマだし、アライグマみたいだけど。

あくまでタヌキ。

名称:おにぎり 悪魔のおにぎり

ふむふむ

熱量は219キロカロリー。

悪魔っていう割にはそんなに高くないね。

原材料名:味付ご飯、醤油たれ、天かす、青のり、調味料(アミノ酸等)、酸味料、pH調整剤、グリシン、糊料(加工澱粉、キサンタン)、香辛料、乳化剤、カラメル色素、酵素(原材料の一部に小麦、卵、いか、ゼラチンを含む)

おにぎりに天かす、青のりってのはあまり使わないですな。

出してみたら青のりの香りが半端ないっす。

あと、見るからに天かすいっぱい入ってる。

なかなかうまそう。

食べてみた感想は、

「まぁ、美味い」

カップ天ぷらそばをおにぎりにしたような味。

天かすがたくさん入っているから、ちょっと油を感じる。

唇がテカる感じ。

だけど個人的には、悪魔のおにぎりと言うのであれば、もっとガツン!と印象的な味にして欲しかった。

ただ、おにぎりとしては今まで食べたことのない味。

ツナマヨみたいに普遍的なおにぎりにはならないんじゃないかなぁ?と思うけど、新しい味なので一度は食べてみることをお勧めします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です